あそぶやってみる

赤井秀一に憧れた大学生が射撃場に行った話

あそぶ

この間、名探偵コナン の映画「緋色の弾丸」を見に行った。あの作品の赤井秀一は本当にかっこよかった。自分も赤井秀一のように、銃を撃ってみたい。

バァン!!バァン!!!

そんなことを考えていた矢先、大学の近くから銃声のようなものが聞こえた。

銃声…?まさか。銃砲刀剣類所持等取締法が存在するこの日本で、銃声が聞こえるはずがない。

そう思ったが、先の音がどうしても気になり少し調べてみた。

日本クレー射撃協会 伊勢原射撃場 公式ホームページ
新東名高速「伊勢原大山IC」より3分!丹沢山系の懐に抱かれた緑豊かな環境に「クレー射撃場」と「ライフル射撃場」を併設する総合射撃場です。

あった!!この音の正体はこれだったのか!!!

大学からの時間は…20分程度か。かなり日差しが強いが、歩いて確かめてみよう。

この日の最高気温は約32℃。日陰もなく、尋常ではない暑さだった。

ヘトヘトになりながら歩いていると、徐々に銃声が大きくなっていく。

伊勢原射撃場到着

もう少しと自分に言い聞かせ、最後の気力を振り絞り坂道を登ると

こんな看板が見えてきた。

やっと着いたぞ!!

クレー射撃とは?(トラップ射撃・スキート射撃)

1つ目はライフル射撃場、そしてもう1つはクレー射撃場だ。

看板から見て取れるように、この射撃場には2つの施設があるようだ。

まずは手前にあったライフル射撃場。事務所の人に許可を取り、射撃スペースを覗いてみると、2人ほど人が見えた。

どちらも真剣な眼差しで的を見つめており引き金を引いていた。とても話しかけられる状態じゃなさそうだ…。

スナイパーに憧れを抱いている身として、話を聞けないのは非常に残念だが、ここは諦めよう…。

ライフル射撃場を後にし、クレー射撃場の方へ歩を進めた。

クレー射撃場は、さっきのライフル射撃場に比べて、人や車の数も多かった。

建物も2棟ほどあり、どちらに向かうか困惑していたところ、人の好さそうなお兄さんに話しかけられた。

「お兄さんたち、どうされました?」と聞かれた後に見学に来た旨を伝え、事務所に案内してもらった。どうやら事務所で見学届を提出しなければならないようだ。

そして、ご厚意で施設の人によるクレー射撃場見学ツアーが開催された。

スタッフの方に案内してもらいながら説明を聞いた。

まず、クレーとは射撃の的となる土器のことを指す。

以下の写真は土器である。

これを的として弾を撃つ。

クレー射撃は「トラップ射撃」と「スキート射撃」という2種類の種目に分かれていた。

まずは「トラップ射撃場」から案内してもらった。

トラップ射撃は5つの射撃台が横並びになっており、射撃する人が「は!」と声を出すと1つの射撃台につきクレーが1個飛び出し、その的に対して2発まで弾を撃つことができる。

1発目の射撃でクレーに当てるか2発撃ち切ったら次の台の射撃台に移動し的を撃つ。この動きを5周して5つのクレー×5順で25個のクレーを撃ち抜く。

使った弾が少なければ少ないほど腕がいいということになる。

これが射撃台の様子。

この台を5周する。自分の目の前からクレーが出るので、見学していても的が見やすく感じた。

オレンジの破片は撃ち抜かれたクレーである。

次にスキート射撃場に案内してもらった。

スキート射撃は、射撃スペースが半円状に広がっていて、クレーの出方もトラップ射撃とは異なり左右から出てきて、弾も1か所で1発しか撃てないのである。クレーが出るタイミングも一定ではなく、0秒~3秒の間のどこで出てくるかが分からないため、射撃の腕以上にタイミングの取り方も重要になってくるのだそう。半円状の8か所の射撃スペースを回り25発撃つ。

射撃する人が「は!」と声を出すとこの赤いランプが光り、0~3秒以内にとクレーが出てくる。

取材していると、お客さんから「お兄ちゃん、射撃視点で撮影してみなよ!」とスペースを譲っていただき射撃視点から写真を撮らせてもらった。

見学していたときに感じた以上にクレーの速度が速くて、タイミングを合わすのが難しい・・

これは撃った弾が入っていた箱である。

シミュレーション体験

最後に射撃シミュレーション体験。

今までは見学であったが、この日初めて銃を持った。

さぁ、ベールを脱ぐ時間だ。

待ちに待ったシミュレーション画面とのご対面。

赤井秀一ここに降臨…

やっと会えたな・・・。愛しい愛しい・・・宿敵(こいびと)さん?

心の中で彼の決め台詞を呟く。人生で一度は言ってみたかった。

シミュレーションの時間が終わった。

確率は7/25。

銃が重くて、10発くらいしか弾を撃つことに集中できなかった・・・

次の日、筋肉痛を発症。

命中率も筋力も、赤井秀一にはまだ程遠いようだ・・・。 

あとがき

ここまで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

彼が赤井秀一のようなスナイパーになれる日は訪れるのでしょうか・・・!

さて、今回取材させていただいた「射撃」はオリンピックの種目にもなっています。

なんと、僕たちが取材に行った数分前まで、実際にオリンピックに出場する選手が練習に来ていたそうです!

ぜひお話を伺いたかったのですが、それはまたの機会にと言う事で・・・。

現在、行われている東京パラリンピックでは8月29日から射撃種目がスタートします。クレー射撃はありませんが、私たちと一緒に日本代表選手を応援しましょう!

パラリンピックスケジュール&結果 - 射撃 | 東京2020パラリンピック競技大会
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイトです。大会に関する最新ニュースやイベント情報、大会ビジョンや会場計画をご紹介します。

国内でも有数の規模を誇るこの伊勢原射撃場。

スタッフの方々もアポなしで訪れた私たちに、優しく親切で、非常に分かりやすい説明をしてくださいました!

本当にありがとうございます!

射撃のシミュレーションは施設内に存在し、免許を持っていなくても体験できるので、気になった人はぜひ訪れてみてください!

この記事に対するコメントを是非「#MyPlayfulTown 」でツイートお願いします!

※撮影許可はいただいています。

タイトルとURLをコピーしました